カーテンの夢は人間関係を示す!? カーテンを開ける・閉める等を夢占い

curtain

カーテンの夢占い

夢占いでカーテンは、人間関係、時間の流れ、環境の変化、普段の生活、ストレス度、運気の変化などを表します。

カーテンに関する夢は、これからの変化を示す場合が多く、安定した生活を送っていたとしても、波風が立つ予兆を表します。カーテンが大きく揺れている夢ほどその波は大きな変化を表すので、今の生活からは遠ざかってしまいます。

夢の中でのカーテンの色があなたが好きな色や柄なら運気上昇の兆しで、これからますます飛躍でき、人間関係も安定していきます。もし今上手くいっていない状態なら、不安な状態が解消される兆しになります。

カーテンの色が気に入らない物だったり、汚れが目立つ物だった場合ストレスがたまっており、それが上手く解消できていない心理状態を表します。一人だけでゆっくりできる場所や時間を、早急に設ける必要があります。

スポンサーリンク

カーテンを閉める夢占い

カーテンを閉める夢は、人と壁を作ってしまっていて、人間関係が上手くいっていないサインです。

それは自分から人と距離を置いているので、環境を変えてもあなたが変わらない限り、居心地の悪い状態は続きます。まずは自分から心を開いて、周りの人に歩み寄ってみることが大事です。

また、カーテンが分厚く、色が黒に近い場合心の闇は深いと言えます。

カーテンを閉めると心が落ち着き、すぐに眠ってしまう夢なら、ストレスから遮断されたい心理を表します。疲れがたまっており、少し休む必要があるでしょう。

カーテンを閉めた室内に人がいる夢なら、その人はあなたが心を許せる数少ない人物です。しかし、それは裏を返せば、あなたの心を意のままに操ることができる人物ということになります。

例えばその人物が両親なら、縛られた閉鎖的な生き方を強要されていたり、あるいは恋人なら、悪い影響を受け取っている可能性もあります。

なぜ周りの人と親しくなれないのか、心を開けない原因は何にあるのかを考えて、誰かから悪い影響を受けていると感じる場合は、親しい人と言えども距離を置きましょう

親しいからこそ、影響は強いものです。たくさんの人と関わり、広い視野を持つことで、多くの幸せを発見できるようになります。

スポンサーリンク

カーテンを開ける夢占い

カーテンを開ける夢は、気持がオープンになり、沈んでいた暗い雰囲気が一転して、好調に物事が回りだす吉夢です。

閉ざされた狭い空間から飛出し、広い世界で活躍する未来を暗示します。今まで眠っていた才能が開花し、自分でも思っても見なかったようなチャンスに恵まれます。

カーテンを開けるのがあなた自身ではなく、誰かが開ける夢なら、その人はあなたのお尻を叩いてくれる人です。暗い場所から救い出し、明るい光が当たる場所へ連れて行ってくれます。

その人が誰かを覚えているなら、その人の言うことは真摯に受け止め、一緒に行動するようにしましょう。

カーテンを開けると、外が雨だったり曇りの夢を見た場合、思い切った行動をしてみても初めは上手くいきません。

最初はしなければよかったという後悔の連続を経験します。しかし、それを乗り越えればあなたが思い描いていた理想が手に入ります。

やらないで後悔するよりも、全力で挑戦してみて、その後後悔するか、よかったと思うかはあなた次第です。

カーテンが風で揺れる夢占い

カーテンの揺れは夢占いでリズムの変調を表し日常に変化が起きることを表します。

淡い色のカーテンが風で揺れる夢なら、普段関わりの無い人との間に何らかの波が訪れます。数年顔を見なかった親戚に会わなければならない用事が突然できたり、意外な人物と街ですれ違うかもしれません。

赤などの派手な色のカーテンが風で揺れる夢は、あなたが憧れている人たちにあまり良くないことが訪れる前触れです。

憧れの芸能人やアイドルなどのショッキングなニュースが飛び込んでくるようです。あるいはアイドルを応援しているのなら、突然の恋愛ゴシップなどが飛び込みそうです。

カーテンが風に揺れて、横にしまわれてしまう夢なら、安定していて、いい意味で空気のような存在だと思っていた人との関係に波風が立つことを表します。

家族や安心しきっている恋人、長年の親友などから晴天の霹靂となるような出来事が起きます。それはあなたにとっては突然の出来事に思うかもしれませんが、相手によっては長年に渡って積もりに積もった恨みかもしれません。

相手にばかり負担や我儘を押し付けていないか、一度振り返ってみましょう。本当に仲の良い相手なら、一度亀裂が入ってもまた仲直りできます。

スポンサーリンク

【84%の人が満足! フジフイルムのニキビケア化粧品  トライアル送料無料】
ルナメアAC

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ